fc6d9ad745481a0343ba88e76e3129a2_s

うぅ、疲れました。
「今日こそは集中して仕事しよう。そして、夜ゆっくり本でも読もう。」
と決意して早5時間。がっつり満身創痍です。

というわけで、ブログで現実逃亡を図ります。
今日はすでに1記事完成し、夜から新しい記事に手をつける予定です。
すでに夜じゃん、という突っ込みは受け付けません。
3000字のボリュームにはまだ慣れないなぁ。

そういえば、先日ライター部門7月度報酬金額ランキング、TOP100入りできたことについて、ランサーズの方から電話がかかってきました。
担当の方は女性の方で、とても丁寧な印象を受けました。

様々な質問をされたのですが、
・3か月でTOP100入りをしている方が非常に少ないことを踏まえて、実績を出せているポイント。
・他のクラウドソーシングを利用しているかどうか。
・増やしてほしいサービスはあるか。
についての質問が多かったです。

実績を出せているポイントについては
『専門性に特化するプロフィールを意識している』と答えておきました。
だって他に競争できる要素ないんだもん。

また、最近のライティング案件の単価ダウンについて、

「高単価の案件を任せたいクライアントさんは、ランサーを指名して仕事を依頼するケースが多くなったのではないでしょうか」

と質問すると

「おっしゃる通りです。市場に高単価の案件があまり出回らず、特定のランサーに依頼が集中する傾向が出てきています。
また、TOP100に入られているようなランサーさんに仕事が集中していて、他の案件に手が回らないような状態の方が多くなっており、”仕事がたくさんあるランサー”と”依頼がなく困っているランサー”の二極化が進んでいる部分もあるかもしれません。」

とのことでした。さすが自由競争です。
インタビューはこんな感じでした。なんてざっくりした報告なんだろう。
あと、ランサーズのコラム、『THE LANCER』に記事を書いていただくことはできますか、と聞かれました。
継続案件で手いっぱいなので書けません。残念。

ちなみに、私がランサーズを使って仕事を受注するために気を付けていることは一つだけです。
『マーケットから自分の能力がどのように見えて、マーケットから価値があると評価されるかどうか』
自分が”どんなことをしたい”や”どんなことを書きたい”よりも、マーケットから必要とされる能力をアピールすることだけを意識しています。

もっと稼いでる方は、もっと色々なことを考えているんでしょうけど、へっぽこな私にはこれだけしかできません。
これからも周りのランサーを見て、へっぽこを嘆いていきたいと思います。

集中力が戻ってきたので、仕事に戻ります。

クラウドソーシング「ランサーズ」