SEP_329915201730-thumb-815xauto-16091

 4連休の最終日、夜はアクセスが多くなるそうなので合わせて更新します。

 このブログを読んでいる方の約60%がリピーターなので既にご存知かもしれませんが、私はしがない会社員です。しかも転職を数回繰り返してきたので、現在のお仕事は勤続4年目です。

 ランサーズと出会ったのは5月末なので半年もまだ経過してませんが、約半年間ランサーズを続けてたら、勤続10年の上司の給料より収入が多くなったことが判明しました。心の中でガッツポーズです。

 今日はランサーズを半年続けてきて分かった、「複業のススメ」をお話したいと思います。

広告

 

残業代が少なくなっても気にならない!

 「今月残業が少ないから、給料も少ないんだよね…」こんな会話をしたことが会社員のあなたならあるはずです。最近では基本給を少なくして、さらに変形労働時間制を導入して残業代を少なくする企業が多いそうです。残業時間は企業の繁忙状態と連動します。

 つまり、基本給の少ない企業で働いている方は残業時間が少なくなることで、住宅ローンが払えなくなったり、家賃の支払いが重くなったりするということです。

 複業はこのような事態にも強いです。ある程度以上の収入が給料以外にあることで、ご自身で収入を調整できるようになります。

上司の給料を短期間で抜ける!

 パワハラじみた命令をしてくる上司ってどこの会社にもいますよね。複業を持っていたら精神的にも余裕が生まれます。

 なぜなら上司から理不尽なことを言われても、あなたは別のマーケットからも必要とされる大切な人材です。上司は別のマーケットで収入なんてありません。

 これは大きな違いです。会社という組織ではなかなか給料が上がりませんが、複業を持つことで上司の給料を短期間で抜くことができます。

散財しても大丈夫!

 「今月使いすぎちゃって、給料日までお金がないの…」これは会社員あるあるですね。もし複業を持っている方であればさほど問題になりません。

 もちろん過度の散財はダメですが、ちょっとした贅沢をした程度のお金はご自身の努力次第でなんとでもなります。マーケットは実に壮大です。

「他人事」から「自分ごと」へ心境の変化

 会社員を極端にいえば、毎日出勤さえしていれば努力なくともお金がもらえます。これはこれでいいことなのかもしれませんが、長く会社員をダラダラやっていることで仕事が他人事になりがちです。なぜなら、所詮会社は他人のものだからです。

 対して、複業を上手く回すためにはあなたの努力が不可欠です。努力をしなくても誰からも文句は言われません。ただし、満足のいく報酬も得られません。

 複業を持つことで、仕事を「自分ごと」として捉えるようになります。これは生きていく上でのお金で買えない貴重な経験ですね。

まとめ

 複業をどう捉えるかはあなた次第です。頑張るあなたを応援したくて、このブログを書いています。ぜひ役立ててくださいね。

※このブログには読者登録ボタンが無いので、更新の際にはTwitterで通知しています。
よろしければ下のボタンからフォローをお願いします。

Twitterボタン
フォローお願いします☆