画像引用元:ぱくたそ

 今日のお仕事はもう終了したので、ブログを濃い目に書こうと思います。私がランサーズに登録したのは5月22日で、現在ほぼ半年が経過しました。

 最初に受けたプロジェクト依頼で地雷にハマり、初めてライターとしてお仕事を受注したかと思えばやたらマニアックな専門記事を書くことになったり、修正に次ぐ修正で発狂しながら記事を書いたり、よくよく思い返すと大変なことも沢山ありましたね。

 私自身まだまだ若輩者のひよっこライターではあるのですが、今では毎月10万円以上ランサーズから振り込みしてもらっています。

 今日は、これからランサーズと関わろうとしている方のために、半年の間に感じたことや変わったことをまとめてみようと思います。

 ちなみに、私はランサーズの従業員ではないので、ガッツリ突っ込んだ内容も書きますから参考にどうぞ。

広告


仕事が多い!

 個人差があるかもしれませんが、ランサーズのお仕事検索を見れば分かるように、仕事の数はめちゃくちゃ多いです。

 さらに、「直接依頼」といって、全体のお仕事検索に表示されない案件も多数あるので、どんな方でもある程度受注できると思います。ランサーズのライターとしては仕事が多いのはありがたいことですね。

中にはランサーズ自体が企業から受注した案件もある
ace6d8fd9cd6d97c165594d19886cf7b_s

 ランサーズ自体も企業のアウトソーシング支援を行っているので、ランサーズ自体が受注した案件もお仕事検索に載っています。

 どんな企業の案件があるかなど、細かいことは書けませんが、「えッ!!こんな企業から受注してるんかいッ!!」と感じることもあって面白いです。気になる方はランサーズアカウントから募集されている案件に提案してみましょう。

手数料が思ったより高い

 このブログの読者の中にランサーズ広報部の方もいらっしゃるのですが、ほとんどのランサーが思っているであろう意見を遠慮せずここで言います。「ランサーズ手数料が高い」です。

 ランサーズの手数料は案件を受注するごとに自動計算されて差し引かれるのですが、受注金額によって何%引かれるかが決まっています。以下ランサーズより転載

依頼金額の内、20万円を超える金額部分については5%の利用手数料。10万円超〜20万円以下の金額部分については10%の利用手数料。10万円以下の金額部分については場合は20%の利用手数料となります。

 これだけを見ると、「そんなに高くないんじゃない?」と感じるかもしれませんが待ってください。まず前提として、ライター案件で10万円以上の案件は結構まれです。つまり、ほとんどが10万円以下なので20%の手数料がかかります。簡単にいうと、一ヶ月で受注した合計金額ではなく、1案件ごとに毎回手数料がかかります。

ランサーズには感謝もしてるし対応にも満足ですが、せめて合計金額に対して割合を算出して欲しいです。毎月手数料負担額がハンパないです。今月も既に35,000円以上払ってます。

ランサーズの問い合わせ返答はかなり丁寧で好感

 何度かランサーズサポートに問い合わせしたことがあるのですが、対応はビックリするほど丁寧でした。

 案件についてやクライアント対応について「これってどうなんやろ?」と思ったらまず問い合わせしてみましょう。とても丁寧に対応してくれます。

ランサーズのおかげで変わったこと

 ここまでたくさんうだうだ書いてきましたが、本当にランサーズには感謝しています。なぜなら、月1回しか無かった給料日が月3回になったのです。

 「世の中お金が全てじゃない」かもしれませんが、自分の能力の対価としてお金をもらうのは本当に嬉しいです。今までは、お金に対しての感情なんてありませんでしたが、ランサーズから振り込みされるお金には沢山の「感謝」が詰まっています。

 クライアントさんに対しての感謝、ランサーズに対しての感謝、そして、クライアントさんから自分に対しての感謝。それは、会社で働いているだけでは感じることの無かった感情だと思います。

 ランサーズがもっともっと使いやすくなるように、これからも1ランサーとして発信していきたいと思います。

※ブログの更新通知はTwitterのみとなっています。

よろしければ下のボタンからフォローをお願いします。


Twitterボタン


フォローお願いします☆