9f23a3fae5a4412d24818a9d8f2a80f0_s

 さっきブログを更新したところなんですが、思いついたのでもう1つ投稿。

 最近、webライターの方がたくさん集まるコミュニティに招待してもらったので中をのぞいてみると、「書くのがすきです!」という方がたくさんいて驚きました。

 たしかに何かを書く仕事って想像しやすいし、仕事をしてる風景なんかも想像しやすいですよねぇ。

 これはライターだけに言えることではなくて、企業の面接なんかでよく聞かれるのは「どういう仕事が好きなの?」ということ。

 就活で求人を探すときも、転職するときも「好き」という価値観で仕事を選んでいる方も多いと思う。

 ただ1つ前から疑問なことがある。それは「好き」以外の価値観で仕事を選ぶのはいけないことなの?ってこと。

 私の場合は、「webライターしてます」と話すと「書くの好きなんだね」と解釈されることが多いのですが、正直にいうと、書くこと自体は別に好きでも嫌いでもないって感じです。

 そもそも何のためにやってるのか?と聞かれると「お金のためです」としか答えられないというか。

 でもね、ライターっていう仕事をすることで得られる結果は好き。ほんとに。

 お金も1つのわかりやすい結果だと思うんですよね。会社員の毎月の収入に15万円プラスで稼げたら少しものを見る目が変わります。

 得られる結果が好きだから、私はライターという仕事を続けている。美しいサクセスストーリーなんてない。

 「好きこそものの上手なれ」ということわざは、こんな私にも適用されるのだろうか?

※ブログの更新通知はTwitterのみとなっています。
よろしければ下のボタンからフォローをお願いします。

Twitterボタン
フォローお願いします☆

広告