main_img_01

画像参照元:https://www.irobot-jp.com/storeproduct/700series/index.html

 「掃除苦手なんですよね~」

 「毎日の掃除が憂鬱…」

と感じている方にとって、部屋を自動で掃除してくれるお掃除ロボットの「ルンバ(Roomba)」はとても魅力的な商品です。

かくいう私も、約1ヶ月前に770というモデルのルンバを購入しました。

散々悩んだ挙句の購入だったのですが、その際さまざまなサイトをめぐりました。しかし、知りたい情報ってなかなか無いんですよね。

なので、約1ヶ月間ルンバを使用した感想と、選ぶ際に気を付けておかなければならないポイントなどを実際の画像付きでお伝えしようと思います。
スポンサーリンク

ルンバのモデル

まず、ルンバの900シリーズ、800シリーズ、600シリーズの性能差は、iRobot公式サイトのルンバ性能比較ラインナップにわかりやすく記載されているので割愛します。

で、おそらく私と同じ庶民の方のルンバ予算は、大体高くても5万円以内くらいです。

そうなると予算的にモデルが絞られるのですが、5万円以内で購入可能なのは「770」「622」「621」の3つのモデルです。

ざっくり特徴をお伝えすると、

・621 ルンバのエントリーモデル。ホームベース(充電器)に自動回帰する機能も装備。3万円台で購入できる。現行商品のためバッテリーが新タイプに変更されており、バッテリー寿命は約3年。

 

・622 上記モデルに基本消耗品が付属したモデル。付属消耗品パーツは、交換用のブラシ、フィルター。

 

・770 現行の1世代前の中堅モデル。中堅モデルだけあって機能は充実、スケジュール機能も搭載。自宅不在時でも自動で清掃。バッテリー寿命は約1年。基本消耗品であるフィルターが付属。


で、ここで疑問となったのは、

「どう選ぶ?」

というポイント。

結論からいうと、スケジュール機能の必要な方は770がオススメです。スケジュール機能の必要ない方は622を選びましょう。でも、私はスケジュール機能がついてるモデルをオススメしたいです。

なんといっても、スケジュール機能があれば不在時に勝手に掃除してくれて、仕事から帰宅すればホコリ1つ落ちていません。

さらに、スケジュールは1週間単位の曜日で指定できるので、土日だけ掃除を避けるように設定できたり、細かく掃除する時間帯を設定できたりします。私もスケジュール機能を優先して770に決めました。

IMG_9613

スケジュールを合わすのもめちゃくちゃ簡単です。白いボタンの右から2つめを押すだけで、曜日、時間を設定するモードに入れます。操作もカンタン。

じゃあ、770を詳しく図解していきましょう
IMG_0355

はい、770が到着した時の写真です。こう見えてダンボールはかなり大きいです。当然ながら宅配ボックスには入りません。

IMG_6320

開けたらこんな感じです。箱ごと消耗品が保存できるように、結構しっかりとしたダンボールです。

IMG_7376

とりあえず全部出してセットしたらこんな感じです。ルンバ本体のフィルター部にダンボールの切れ端が入っているので抜く必要があるのと、ブラシ部分にも紙が挟まっているので抜きます。

IMG_8099

 

ルンバの裏側です。なんかの生物みたい。

IMG_5517

これがゴミタンク部分です。下側を持ちながら引っ張るだけで外れます。

IMG_5144

ゴミを捨てるときはツマミを動かして捨てます。毎日掃除してもらっているので多少の汚れはご勘弁。

IMG_7058

ルンバ稼働中。部屋の隅を重点的に掃除するようにプログラムされているようで、部屋の隅がめちゃくちゃキレイになります。

よくあるルンバの弱点

インターネット上の記事では、

「配線に絡まる」

「カーペットに弱い」

「障害物に弱い」

というのがよく言われているルンバの弱点ですね。私が使ってみた感想でいうと、「意外と弱点はない」です。

もちろん障害物には弱いのですが、「そもそも掃除機かける時には障害物どけませんか?」って話です。配線も掃除する際に邪魔なのは明らかです。

つまり、ルンバだからダメってわけではないかと。

でも、確かに弱点はあります。うちのルンバの天敵はコレ。

IMG_9263

そうです。スーパーの袋です。ルンバは、スーパーの袋を感知しにくいらしく当たっても柔らかいため、「シュシュシュシュワサワサワサ!!」という感じで突撃します。

絡まったことは今のところ無いものの、苦手なのは間違いないですね。あとは、

IMG_0907

ラグですね。うちのラグは高さ1cmもないので楽々乗り越えます。しかし、毛足が長いのでルンバがどんどん毛足を吸い取ります。毎日毎日吸い取るので、段々普通のカーペットに近づいているような気がします。芝刈り機みたいなもんですね。まぁ、ちゃんと掃除はできていますが…

当たっても家具は傷つかないの?

結論からいうと、まず付きません。なぜなら、ぶつかるところが衝撃吸収構造になっているからです。

IMG_8796

写真の上部が可動します。くわえて、ルンバ自体も障害物や壁を認識してスピードを落とすので、まず傷が付くことはありません。

デメリットは?

あります。ただし、私が思うデメリットは意外なところでした。それは「ピポー音」です。ルンバは起動時や終了時に、「ピポー」という感じの音を出します。でも、その音が案外うるさいです。しかも、音量調整、消音不可。

睡眠中に起動音が鳴って目覚めるなんてことも…

1ヶ月間使った感想

感想を率直に言うと「めちゃくちゃ便利」です。いやもう、普通の掃除機には戻れないレベルです。

掃除機を使っていた頃は、「あーそろそろ掃除しなきゃ」という気持ちにはなっていても、忙しさのあまり掃除できないことも多かったのですが、ルンバがいればそんなこと考えなくてもいいんです。

「掃除しなきゃ」という精神的負担から開放されるのって、ほんとに楽ですよ。

くわえて、意外とキレイになるんですよ、ルンバ。部屋の隅もガシガシ掃除するし、汚れているところは勝手に判断して繰り返し掃除してくれるし、とっても賢いです。おそらく、普通の人が掃除機をかけるよりもキレイになります。

そんなこんなで、とってもお得な商品だと思います。忙しい方は特におすすめです。

価格帯を調べてみたら、770は下記リンクのアマゾン、622は楽天が安い感じでした。

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 770

楽天市場のルンバ622商品リンク

iRobot 自動掃除機ルンバ 622 【国内正規品】

価格:37,600円
(2016/4/2 00:15時点)
感想(26件)

みなさんも是非ルンバデビューしちゃいましょう。