0I9A105515030124meganechira_TP_V

 さて、今月ももうすぐ1週目が終了です。進捗としては16万円ちょっとぐらい。少しローペースなので、明日もガッツリお仕事ですね。

 今日は初めて、単月で100万円以上の依頼打診がありました。その他の案件を含めると、合計128万円の発注打診です。さすがにちょっと受注し切れないので、少し絞ろうかと思っています。

 自分の目標がすぐそこまで近づいてきて、「やっと、手が届きそう!」と心が震えています。しかし、こなせるほどの能力があるのかどうか…。そこが課題です。
スポンサーリンク

なんでそこまでして稼ぐの?

 こういう質問を頻繁に受けます。そりゃそうですよね。私は独身だし、おそらく30万円もあったら十分暮らしていけます。しかし、これは「私自身だけの場合」です。

 私は母子家庭で、父親とは10年以上会っていません。母が再婚したので養父はいるのですが、さすがにお父さんって感じじゃないです。だって、もともと他人だから。

 でも、母を支えてもらった恩があるのです。だから、母や養父が年を取って老人ホームにお世話になるようなことがあったとしても、私にできることなら力になりたいです。それには、当然のことながらお金が必要です。

 老人ホームもピンキリですが、入所費用に500万円とか、1000万円とかザラにあります。それに加えて、月間1人あたり25万円以上負担となる老人ホームもあるのです。

 そんなときに、「お金ないから」って、他人事にすることは私にはできません。安い老人ホームもありますが、内情に雲泥の差があります。大切な親だからこそ、最大限の恩返しをしたいのです。

誰かに可能性を伝えるために結果を求める

 それに、もっと違う理由もあります。私が結果を求める理由は、「誰かに可能性を伝えるため」でもあります。

 ここで言う「結果」は、単純に稼ぐお金のことです。「ライターでも頑張れば稼げるんだ」とか、「素人からでも短期間で結果を出せるんだ」とか、誰かに可能性を伝えたいと思っています。

 私個人の意見でいうと、どれほどキレイな言葉を並べようとも可能性を感じなければ、誰かを本気で動かすことはできないと思います。私がwebライターという仕事に可能性を感じたのは、間違いなく「名もなきライター」さんのおかげです。

 私がランサーズに出会った当初でも、名もなきライターさんは統合失調症を抱えながら月収100万円以上を稼いでいました。それがあまりに衝撃的で、今の私の原点だとも言えます。

 私はそのときに初めて、「webライターで100万円以上稼ぐこともできるんだ」って、大きな可能性に気付くことができました。もし名もなきライターさんのブログに出会っていなければ、取り組み方が全然変わっていたと思います。

 私が可能性に気付けたのは間違いなく結果を見たからなんですよ。それほど、結果には説得力があります。どんなにキレイな言葉を並べようとも、人を本気で動かすのは結果だと思います。

「兼業でもライター月収50万円」は意地でも達成したかった

 私はこの前まで兼業ライターでした。会社に行って、夜にライター業務をこなす。これって、結構しんどいですよね。私も毎日AM1:00まで書いていたのでよくわかります。

 しかし、「兼業だから」っていう理由で結果を出せない言い訳にはしたくなかったんです。なぜならば、同じ兼業ライターの方に可能性を伝えることができないと思ったからです。だからこそ、「兼業でもライター月収50万円」は意地でも達成したかった。

 「兼業だから」とか、「忙しいから」とか、自由競争の世界では単なる言い訳です。「兼業でも月収50万円は達成できる」。そんな可能性を誰かに伝えたかったのです。

結果は人を動かすし、可能性を伝えることができる

 可能性を伝えるためには、誰かに偉そうな言葉を発するのではなく、日々の結果を積み重ねる必要があると思います。不器用かもしれませんが、それが私なりのメッセージです。

 月収100万円も、その1つのメッセージになればいい。そう思っています。
 

結果を求めるのは本当にツライ。でも見てくれている「誰か」がいる

 結果を日々求めるのは、体力的にも精神的にも負担が大きいです。おそらく、高い目標金額を掲げて目指した人間にしか、共有できない境地みたいなものがあると思います。それほど、生半可なものではないのです。

 しかし、会社だったらもっと大変です。なぜなら、いくら努力してもすぐに結果に繋がるわけではないからです。

 でも、ライターは違います。やったらやった分だけ結果に繋がり、自身の成長に繋がります。だからこそ、目標金額からは逃げてはいけないと思います。

 目標金額を掲げているからこそ、紙一重の瞬間に挫折しなくなります。それほど、目標の持つ力は大きいです。

年内に月収100万円を達成するために

 月収100万円を達成するのって、かなりキツそうです。業務量も多くなるし、何しろ精神的なプレッシャーがハンパじゃないです。でも、必ず達成します。

 月収100万円に挑戦するのは11月を予定しています。

 これを達成したら今年の目標は完遂です。こだわりをもって日々を過ごしていきます。

※ブログの更新通知はTwitterのみとなっています。
よろしければ下のボタンからフォローをお願いします。

Twitterボタン