MORO_MG_1856_TP_V

 ふう、今日はお休みです。とりあえずディズニー用ボディバッグを購入して、先ほど帰宅。今日はスローライフな1日です。

 ここ最近、根を詰めて書いていたので、今日は息抜きです。たまにはこういう日が無いと、疲れちゃうんですよね。
スポンサーリンク

ここ最近感じたこと

 最近、Twitterで口論のようなものをよく目撃します。別にそれ自体は今に始まったことではないのですが、価値観の相違による口論が目立っている気がします。

 私自身は、現段階では自分のことでいっぱいいっぱいなので、そんなに気にしていないのですが、仲良くしていた方が気付かないうちに離れていたり、気付かないところでめちゃくちゃ批判されていたりすることがあります。

 これって価値観の相違だと思うんですよね。

価値観で戦うのはやめたほうがいい

 価値観って、本当に人それぞれだと思うんですよ。私は金額の目標を大事にしているし、数値目標があるからこそ今の自分があると思っています。しかし、これはあくまで「私」の話です。

 全ての方に数値目標があるほうがいいとは思いません。無くても結果を出す方なんてごまんといるし、逆に、無いと苦しむ方もいるでしょう。

 しかし、どちらの価値観であっても、「それはおかしい!こうあるべきだ!」なんてことは言えないと思うんです。

 そもそも、価値観は今まで育った環境や、今の状況によって構成されています。つまり、「違ってあたり前」だと思います。

 それなのに受け入れられないのは、それこそ「寛容さ」の問題だと思います。

ライターである程度の結果を持っている人は、みんな「我が強い」

 今まで膨大な人数のライターさんとお話してきたわけではないのですが、お話して感じたことは、ある程度以上の結果を持っている人はみなさん「我が強い」ってことです。ていうか多分、そうじゃないとそこまで辿りつけてない気がします。もちろん、私も含めてです。

 だから、世間でいう「嫌われないように」とか、「無難に」という枠にはハマりにくいと思うんですよね。つまり、言っちゃえば、「変わってる」んですよ。特に、ライターの世界は特殊な人も多いので、その傾向が顕著です。
 

正解か、間違いか、でいえば、私の価値観は「間違い」だと思う

 私は今でも、「文章が書きたい」とか、「ライターに憧れている」という価値観を持っていません。わかりやすくいえば、「なりたい自分になるための手段」だと捉えています。だから、ライターに強い憧れを持っている方から見れば、私は「間違ってる」んだと思います。

 お金のことを発信したり、数値目標を貪欲に追いかけたり、「物書き」としてよろしくないことをたくさんしています。でも、今の私にはそれが必要だからこそそうしているだけで、それが好きなわけでもありません。しんどいですからね。

 でも、私のことを信じている方や、信頼してくださっているクライアントさんの期待を裏切ることはできないんです。だからこそ、今は目標だけを見ています。

批判するのも、嫌うのも、全て好きにしてほしい

 批判するのも嫌うのも、好きにしてもらえれば問題ありません。というか、100人知らない人がいて、100人ともに好かれるほうが無理だと思います。もしそれをしようとしているのであれば、強めのツイートなんてしないですよね。

 悪口も問題ありません。ただし、私自身の知らないとこでやってもらえれば嬉しいです。それ以外はお好きにどうぞ。あ、でも、法的に問題あるものに関してはご勘弁ください。オトナの世界なので。

 嫌いな方はブロックなりミュートなりを推奨します。

 私はこんな感じの人なんです。そんなに難しい感情を持っていません。

名前も知らない誰かを勇気付けられる自分になるために

 今月も来月も、なかなか多忙な感じになりそうです。結構な転機が来ていて、頭の中はそれでいっぱいです。もうそれ以外は「アウトオブ眼中」ってやつです。だから、気に障ったらごめんなさい。

 明日も、お互い後悔のない日々を過ごせるといいですね。

※ブログの更新通知はTwi
tterのみとなっています。
よろしければ下のボタンからフォローをお願いします。

Twitterボタン