PAKS9V9A8453_TP_V
どうも、とっとこランサーです。

ここ最近もバタバタしていますね。
もちろん、DeNAのキュレーション問題を受けて、影響を受けている部分もあるからです。

私自身、キュレーション案件を一度もやったことがありませんし、パクリで書いたこともありません。一応念のために言っておきました。

では、どのような影響があったのか、お話しましょう。


結論からいうと、ここ数日間でお仕事の相談が一気に増えました。

中には、

「記事内容の正誤を判定してほしい」

という依頼もあって、新たな展開を見せています。

しかし私自身は、他人の書いた記事の保証なんて一切する気がありません。

なぜかというと、お小遣い稼ぎであろうが副業であろうが、自分の書いた記事の責任は当事者が負うべきだと思うからです。

DeNAのキュレーション問題ではランサーズやクラウドワークスにも影響が広がっていますが、クラウドソーシングといえど「仕事」です。

仕事には一定の責任が伴います。もちろん、知らないでは済まされない。

加えて、クラウドソーシングで受注するお仕事は、会社とはワケが違います。

なぜなら、「自分の事業」だからです。

自分がやった仕事は、全て自分の責任です。

だからこそ、月収50万円以上も可能だし、場合によっては100万円だって達成できるでしょう。

反面、全ての行動に責任が伴います。

当然ながら、文字単価がいくら安かろうが、責任の重さに変わりはないのです。

この業界は、責任感のない人が稼げるわけではありません。
どのようなスタンスであっても、責任が伴います。

ハッキリいうと、

「楽に稼ぎたい」

という方には向いていないと思います。

それでも、やりたい人にはいつでもチャンスがある業界だと思います。

自分の手でチャンスを掴めるかどうか。

ただそれだけです。

<画像提供元>
ぱくたそ

※ブログの更新通知はTwitterのみとなっています。
よろしければ下のボタンからフォローをお願いします。

Twitterボタン